書籍詳細

books detail

本体価格
1,700 円
判型
四六判
ISBN
9784828409429
発行日
2001/08/07
 tweetする
LINEで送る

封印の近現代史
[著] 渡部 昇一、谷沢 永一 共著

目次

第1章 人物のいない歴史はない
第2章 歴史を歪めた唯物史観と差別問題
第3章 高山樗牛とミュラーを顕彰しよう
第4章 何が戦後史観を歪めたのか
第5章 日本ならではの教科書、神道と仏教
第6章 きわめて特殊な明治維新
第7章 日清・日露戦争の大きな成果
第8章 明治憲法は間違っていなかった
第9章 西洋を見た岩倉使節団、時代が見えなくなった西郷隆盛
第10章 シナの傲岸、コリアの卑屈は昔から
第11章 明治のエリートコースと頭脳
第12章 日英同盟破棄という痛恨事

内容紹介

戦後の日本は相手の言い分だけを尊重するというような歴史家が横行し、それが公平な史観であるかのごとく錯覚してきた。本書は、これまでの日本についての語られ方の問題点を提起する。

TOPへ