書籍詳細

books detail

本体価格
1,500 円
判型
四六判
ISBN
9784828415659
発行日
2010/05/21
 tweetする
LINEで送る

温暖化謀略論
米中同時没落と日本の繁栄
[著] 武田 邦彦

目次

はじめに
第一章 温暖化データ捏造の真実(世界編)
第二章 連続するNHKのヤラセ報道
第三章 国際政治のトリックと米中の没落
第四章 CO2 25%削減なら日本は三流国に転落する!
第五章 なぜ温暖化問題の真実は伝えられないのか?
第六章 こうすれば日本の未来は明るい
おわりに

内容紹介

南極の気温は下がっているが、下り続けるかは学者によって異なる。「地球の気温は上がっているか」と聞かれたら、長期的には下がっているが30年間を問題にすると回答できない。「今後、地球の気温はどうなる?」と聞かれると、残念だが今の学問では分からないと答える。日本は海洋国家だけに資源に乏しい。資源がない日本は、その代わり、四季折々、温暖な気候が与えられていると筆者は考えている。気候変動という脅威は日本によいことばかりをもたらすだろう。

TOPへ