書籍詳細

books detail

本体価格
3,200 円
判型
四六判
ISBN
9784828416908
発行日
2012/12/19
 tweetする
LINEで送る

われら生きるもの
[著] アイン・ランド著/脇坂あゆみ訳

内容紹介

『水源』『肩をすくめるアトラス』『利己主義という気概』に続く、アイン・ランドの翻訳書第4弾。

本書『われら生きるもの』は、1926年にソ連からアメリカに亡命したアイン・ランドが、1936年に出版した小説である。革命期の混乱がまだ続いている1920年代のペトログラード(現サンクト・ペテルブルク)を舞台に、革命軍が樹立したソヴィエト政府による息の詰まるような全体主義体制の下に滅んでいく若者たちを描く。主な登場人物は、革命後に財産を没収されたブルジョワの娘キラと、元貴族の息子レオと、労働者の子どもに生まれて革命の大義を信じて党員となっているGPUのメンバーであるアンドレイ。物語は、この3人の出会いと葛藤と愛憎と別離によって展開されていく。社会主義国家ソ連の惨憺たる内実、革命という大義とは裏腹の党幹部の腐敗、社会主義の全体主義国家につぶされていく個人の無残さを克明に描き、それでもなお果敢に抵抗する主人公キラの毅然とした生きざまを描いている。本書は、共産主義、全体主義を批判する政治小説としての面と、過酷な状況下でのヒロインをめぐる恋愛小説の側面も持ち合わせている。

ロシア革命の動乱のなかで、少女は理想社会の欺瞞を予感していた。「個人は国家のために生きるべきだ」と説く“真理”の使徒たちに、彼女は問う。
私たちの人生は、国家よりも神聖なのではないか?筋金入りの自由原理主義者が誕生する瞬間に、私たちは本書で立ち会うだろう。
――橘玲氏(作家)激賞

TOPへ