書籍詳細

books detail

本体価格
1,700 円
判型
四六型
ISBN
9784828417165
発行日
2013/7/19
 tweetする
LINEで送る

憂国のリアリズム
感傷を排して世界を見よ
[著] 西尾幹二

目次

第1章 いま目の前で起こっていること
第2章 少し過去を振り返ってみる
第3章 日本の根源的致命傷を探る
第4章 皇族にとって自由とは何か
第5章 実存と永遠

内容紹介

戦後タブーを斬る!

この10年、保守を名のる言論人があとを絶たない。言論界にある種の「保守」ブームと言える状況を呈している。はたして、それらは本物なのか?親米保守の正体とは?国内にあってかつての左翼のように国を脅かす存在なのではないか?
そして同盟国の仮面が剥がれつつあるアメリカ、欲望をむき出しにしてアジアを蹂躙する中国。
アメリカ依存中毒から脱しきれない日本人に告ぐ!
メディア、原発、皇室、領土、憲法改正、従軍慰安婦、歴史認識、宗教、核武装、米中接近、そして三島由紀夫と吉本隆明……この国をおびやかすものの正体を明らかにする?

TOPへ