書籍詳細

books detail

本体価格
1,600 円
判型
四六判
ISBN
9784828417677
発行日
2014/8/18
 tweetする
LINEで送る

真実の朝鮮史【663-1868】
[著] 宮脇淳子・倉山満

目次

第1章 白村江の戦い~後三国時代[663-936]
第2章 高麗時代[918-1392]
第3章 李氏朝鮮時代~明治維新[1392-1868]
第4章 歴史学の闇と真実

内容紹介

歴史学者・宮脇淳子、日本憲政史学者・倉山満による『真実の朝鮮史』第二弾。

近現代を検証した前著に対し、今回は朝鮮半島の古代から近世を分析します。古代(三国時代~後三国時代)の「白村江の戦い」(663年)、中世(高麗)の元寇、近世(李氏朝鮮)での朝鮮出兵、そして列強諸国が東アジアに侵攻してくる明治維新(1868年)までの朝鮮半島の歴史の「真実」。

独立国家の要件をまるで満たしていない挑戦は国というより単なる地名!?

TOPへ