電子書籍詳細

books detail

ISBN
9784828417967
発行日
2015/1/22
 tweetする
LINEで送る

薬で治るというウソ
[著] 名郷直樹

目次

プロローク゛ その薬、本当にあなたに必要ですか?
第1章 「根拠に基づいた医療」こそ信用できる
第2章 常識を信じているとバカを見る
第3章 恐ろしい副作用を知れば、薬なんてむやみに飲めない
第4章 日本の医療が訳の分からないことになっている理由
第5章 この病気、薬を選ぶならどっち?

内容紹介

なぜ医者はこんなに多くの薬を処方するのか?読んだら人に話したくなる「医療」と「薬」の真実を大公開!

今の日本は「過剰医療」が問題になっています。医者にかかる必要のない人まで医者にかかり、薬の処方を受けています。それは、日本には病気に対する多くの「独自基準」があり、世界基準と一致していないことが大きな一因だと考えられます。また、風邪をひいたり腹痛を起こせばすぐに医者にかかり、血圧が高いと言っては心配になって病院に駆け込む日本人の資質にも問題があるでしょう。本書では、「根拠に基づいた医療」をはじめとした医療に関するお話と、正しい薬の知識と選び方、さらには日本医療のあるべき姿について言及していきます。頭痛がするけど薬を飲むべきか医者に行くべきか、風邪を引いたようだが医者に行くべきか様子を見るべきかなどの、症状や状況に合わせて、取るべき対処法をお答えいたします!

TOPへ