書籍詳細

books detail

本体価格
1,500 円
判型
四六
ISBN
9784828418094
発行日
2015/3/27
 tweetする
LINEで送る

ピケティ『21世紀の資本』を日本は突破する
[著] 増田悦佐

目次

第1章 資本主義社会での格差拡大は不可避なのだろうか
第2章 20世紀末からのアメリカの企業利益率急上昇の秘密
第3章 怒るピケティ、でもその憤激はだれのため?
第4章 オイルダラーの終焉は資源羨望症患者につける特効薬だが……
第5章 歴史重視を訴える当人の主張が意外に超歴史的で、非歴史的
第6章 世界統一累進資本税は、格差解消の妙薬か?
付 章 21世紀の日本はどうなる?

内容紹介

日本人よ、ピケティ型エリート主義にだまされるな! 日本は資本格差も知的格差も世界一小さい国! そしてサービス業主導経済が日本の指針となる! !

彼の著書『21世紀の資本』に書かれている主張は、純粋培養された知的エリートによる金持ち間格差の勧めである。強者の格差論には未来がないのだ。日本人との感覚的な違いや経済状況をふまえて、ピケティ的格差論の功績と限界を指摘しつつ、これらから読み解ける日本のこれからの経済と日本としての在り方を示す。

TOPへ