書籍詳細

books detail

本体価格
1,100 円
判型
四六
ISBN
9784828418513
発行日
2015/11/20
 tweetする
LINEで送る

中国壊死
百年変わらない腐敗の末路
[著] 宮崎正弘・宮脇淳子

目次

第1章 強盗国家の常識
第2章 漢字支配と歴史捏造の実態
第3章 中国を動かす客家コネクション
第4章 中国は大分裂するのか
第5章 「習王朝」権力闘争の行方
第6章 経済大崩壊の末路
第7章 いやでも中国人と戦う時代

内容紹介

ゾンビ化する中国!?
転んでもただでは起きない嫌われ者の中国人が雪崩込む!
漢字支配と歴史捏造の恐怖・・・いやでも中国人と戦う時代がやってきた!

上海株の大暴落、天津大爆発、でいよいよ崩壊するかにみえる中国。一方、AIIBに一帯一路、BRICS銀行など大風呂敷を広げ、南・東シナ海への進出しアメリカにさえ傲岸不遜な外交を繰りかえす。帝国か崩壊か。強盗国家の常識、漢字支配と歴史捏造の実態、権力闘争の内幕、大分裂の行方、捏造経済の末路など中国の正体とこれからの日中関係を当代きっての中国通であるふたりが緊急討論!

TOPへ