書籍詳細

books detail

本体価格
1,700 円
判型
四六
ISBN
9784828419367
発行日
2017/2/10
 tweetする
LINEで送る

最後の予想屋 吉冨隆安
[著] 斎藤一九馬

目次

序 章 危険な情熱に憑かれたソクラテス
第1章 涙橋の先へ(大井競馬場)
第2章 血脈(春木競馬場)
第3章 暴走(京都競馬場)
第4章 出奔(奈落の街で)
第5章 進学塾「東大アカデミー」
第6章 掟破りの予想屋
第7章 「走破タイム」の嘘
第8章 「ゲート・イン」の船出
第9章 「実走着差理論」
終 章 宇宙の摂理を説いてみよ
あとがき 「予想屋は数学者であり、文学者であり、哲学者である!」

内容紹介

予想で年5千万稼ぎ、馬券に4千万突っ込む破天荒人生。吉冨の口上を聴かずして、競馬の神髄にはたどりつけない!
「馬券はより優れた投資術なのだ!」。大井競馬場でダントツ人気を誇る予想屋「ゲート・イン」。その予想屋人生を綴った競馬ノンフィクションの最高傑作!!

TOPへ