書籍詳細

books detail

本体価格
1,500 円
判型
四六
ISBN
9784828419466
発行日
2017/3/23
 tweetする
LINEで送る

田中角栄 政治家の条件
戦後日本の輝きとその体現者
[著] 小室直樹

目次

第1章 <対談>田中角栄元首相『1982年を睨む』
第2章 <異説>田中角栄
第3章 角栄を無罪にせよ!  ―私の真意
第4章 角栄選挙解剖 ―日本の選挙風土に「汚職」は無関係
第5章 「世論」と裁判
第6章 <緊急提言>田中角栄待望論
第7章 <さらば!田中角栄>天才政治家が戦後日本政治に残した功罪
第8章 <角栄学序説>田中角栄引退後の「日本政治」を憂う
第9章 田中角栄以前、以後

内容紹介

田中角栄は永久に無罪だ!角栄に死に待ちさせたロッキード裁判は司法の自殺である!日本が輝いていた時代の体現者、角栄氏との対談を掲載。

「角栄を訴えた検察官は縛り首にしろ! 」と発言した小室直樹による田中角栄論。生前の二人が雑誌をはじめとする場面で対談した際の文書をまとめた、秘蔵対談集が登場。ロッキード裁判の判決では声を荒げ、田中角栄氏の無罪を叫んだ小室直樹氏。誌面上での二人のやり取りを含め、田中角栄氏の秘書を23年間勤め上げた早坂茂三氏との対談も収載。日本の黄金期を駆け抜けた二人の対談をメインに、小室直樹・田中角栄それぞれがその時代にどのような思いを馳せていたかを知る、新しい角栄論。

TOPへ