書籍詳細

books detail

本体価格
1,300 円
判型
四六
ISBN
9784828419794
発行日
2017/9/22
 tweetする
LINEで送る

理不尽な国際情勢と宗教の本質を読み解く
「美し国」日本の底力
[著] 加瀬英明 馬渕睦夫

目次

第一章 日本の神道は、なぜ世界をリードするのか
第二章 ユダヤ教とグローバリズムのワナ
第三章 信仰から見えるロシアの大地と国民性
第四章 イスラム教と反グローバリズムの潮流
第五章 明治維新150年目の岐路に立つ日本
第六章 日本の「国体」と天皇のあるべき姿

内容紹介

もう、欧米の身勝手な「論理」を甘んじて受け入れる時代は終わった!
このますます理不尽な世界を救えるのは日本人の「感性」だ!

神道、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教の意味合いから伊勢神宮の存在価値、ジョン・レノンの行動、アインシュタインの相対性理論、ロシア人のナロード魂、イスラムの反グローバリズム、明治維新150年、そして天皇の意義に至るまで誰もすくい上げてこなかった世界の本質を国際社会の虚実を知り尽くした博覧強記の論客二人が徹底激論!!
2600年以上守り続けてきた “私たちの強み”の答えを探る!

TOPへ