書籍詳細

books detail

本体価格
1,500 円
判型
四六
ISBN
9784828419985
発行日
2017/12/20
 tweetする
LINEで送る

人為バブルの終わり
2018年、日本を襲う超円高・株安・デフレの正体
[著] 若林栄四

目次

第1章 アメリカの悲劇の開幕
第2章 トランプの通信簿
第3章 アベノミクスという誤謬
第4章 2022年から回復期を迎える日本経済
第5章 衰えを露呈するアメリカと怒らない日本人の現実
第6章 やがて超ユーロ高、ドル安、円安の時代がやってくる
第7章 200年雌伏していた中国のパワー
最終章 デフレが続く2020年までの心得

内容紹介

世界経済は「クリーピング・クライシス」に見舞われています。
クリーピング・クライシスは「忍び寄る危機」と訳されていますが、「顕在化していない危機」という意味でもあります。
認知されていても優先度は低く、それらの問題がこれまで蓄積されてきた結果、2018年夏以降に勢いよく浮上してくると
若林氏は予測します。日本だけでなく、欧米、中国、ロシア、韓国やアジア諸国、中欧諸国も同じで、結果として
大動乱が巻き起こると予測される。若林氏が予測する2018年以降の長期的・短期的世界経済を1冊にまとめました!

TOPへ