書籍詳細

books detail

本体価格
1,300 円
判型
四六ソフト
ISBN
9784828420615
発行日
2018/11/2
 tweetする
LINEで送る

GAFA vs.中国
世界支配は「石油」から「ビッグデータ」に大転換した
[著] 渡邉哲也

目次

▶序章  米中冷戦復活、データ覇権の世紀
▶第1章 中国 vs. GAFAデータ覇権
▶第2章 米中貿易戦争は全面戦争へ
▶第3章 中国排除に動き出した世界、対応を迫られる企業
▶第4章 ヨーロッパ・中東の危機
▶第5章 世界激変、どうする日本

内容紹介

市場を制覇する巨大IT企業GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)と超監視国家・中国の「データ覇権」をめぐる争いが大過熱!!
この世界激変にどうする日本!
 
世界市場を制覇する巨大「プラットフォーマー」GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)と超監視国家・中国の「ビッグデータ」争奪戦が始まった。
米中貿易戦争が全面対決を迎えるさなかにもGAFAは中国市場を狙い、欧米はGAFAの規制に走る。
二大大国米中と巨大企業GAFAが席巻する世界激変に日本が生き抜く道を提言。
 
 
【ついにアメリカが中国に「宣戦布告」!】
●最強「プラットフォーマー」GAFAの敵はGAFA
●「データ覇権」に国を挙げて驀進する中国
●企業の本性も「帝国主義」
●グローバル企業、興亡の歴史
●巨大独占企業は国家に解体される
●米中貿易戦争は金融・宣伝・軍事と全面戦争
●「親中派」を排除する「日中米共同声明」の衝撃
●アメリカ最大の欠陥に協力できる日本企業
●軍事で中国に圧力をかける安倍政権
●なぜ日本企業にアマゾンは生まれないのか
●株価では表せない日本人の幸福を知れ

TOPへ