書籍詳細

books detail

本体価格
1,100 円
判型
新書サイズ
ISBN
9784828420738
発行日
2019/1/24
 tweetする
LINEで送る

[新装版]世界の歴史はウソばかり
[著] 倉山満

目次

序 章◎日本人がまったく知らない国民国家論
第一章◎典型的な「国民国家」フランス
第二章◎国民国家の理論でナチズムをやっている中国
    主権国家にすらなれていない韓国
第三章◎常に異ネーションをかかえた帝国ロシア
第四章◎国体と政体の区別がない「人工国家」アメリカ
第五章◎「民族主義」のヒトラーに破壊された国民国家ドイツ
第六章◎エンパイアから始まった国民国家イギリス
第七章◎七世紀には国民国家だった日本

内容紹介

史上、最も格調高い「ヘイト本」、新装版で登場!
世界が知られたくない暗黒史を大暴露!倉山満の国民国家論
 
日本と世界の強みと弱みがはっきり見える。この1冊で倉山学のエッセンスが読み取れる。「グローバリズム衰退で国民国家が台頭する」といわれて久しいが、ところで「国民国家=ネーション・ステート」とは何であろうか?琉球王朝はネーション(国民)かエスニック(民族)か。国民国家の発祥の地フランスをはじめに、中・韓、ロシア、アメリカ、ドイツ、イギリス、日本を一気に俯瞰する!
 
世界での立ち位置を知り、本気になれ日本人!
(本書を読めば)「世界で一番素晴らしい国民性の国は、昔の日本!」という結論がおわかりいただけたと思う。
われわれは千数百年間、「大和民族(ネーション)中心の日本国民(ネーション)による日本国(ステート)」を当たり前と思っている。
しかし、そんなノンキな民族は日本人だけである。世界の大勢が国民国家に向かうのは、ここ数百年の現象にすぎない。
人類がようやく日本に追いついてきたのだ。
(「おわりに」より)
 
2018年1月発売の「世界の歴史はウソばかり」(ISBN9784828420011)が早くも新装版で登場!一部加筆された本書で真の「幸せな国・国民」を見極めよう!

TOPへ