書籍詳細

books detail

本体価格
1,400 円
判型
四六ソフト
ISBN
9784828421025
発行日
2019/5/24
 tweetする
LINEで送る

そして幻想の中国繁栄30年が終わる
誰も知らない「天安門事件」の呪縛
[著] 陳破空

目次

第1章 誰も見抜けなかった天安門事件「失敗の本質」
第2章 世界中に“悪”が飛び火した「ポスト1989」の現実
第3章 周辺を静かに飲み込む差別、弾圧激化という「悪夢」
第4章 豊かになればなるほど生きづらくなる「逆説の未来」
第5章 30年前に決まっていた米中新冷戦「敗北」という結末

内容紹介

米中新冷戦の大敗北は始まりにすぎない!
1989年6月4日ーー
国民に銃を突きつけたあの日に決まった、
“限界国家”中国を襲う「暗黒の未来」

「9」のつく年、中国では必ず何かが起きる!
1919年=中国人の民族意識の芽生えとなった「五四運動」⇒1949年=共産党一党独裁が始まった「中華人民共和国建国」⇒1979年=改革開放後の復活を後押しする「米中国交正常化」⇒1989年=民主主義国となる唯一のチャンスを失った「天安門事件」⇒1999年=中国製品が世界征服する契機となった「WTO加盟合意」⇒2009年=世界金融危機後のあり得ない「巨大財政出動」⇒2019年=中国経済を根本から突き崩す「米中貿易戦争」

中国のいびつな繁栄は今、頂点に達している。
頂点にあるときは、いつまでも栄光が続くかのように錯覚するが、
その先にあるのは衰退だけだ。
成功しすぎることはいいことではない。
無理に積み上げた成功は必ず瓦解へとつながるーーー「おわりに」より

TOPへ