書籍詳細

books detail

本体価格
1,500 円
判型
四六ソフト
ISBN
9784828421315
発行日
2019/9/3
 tweetする
LINEで送る

国民を豊かにする令和の政策大転換
現代貨幣理論が日本を救う
[著] 三橋貴明

目次

第1章 日本経済の大問題
第2章 主流派経済学の錯誤
第3章 MMTの勃興
第4章 王道の資本主義
第5章 令和の政策ピボット

内容紹介

日本を貧困に追い込む売国政策を阻止せよ!!

┃アメリカで議論沸騰の
┃経済学の正しさを
┃証明したのは日本だった!

【MMTの3つの新常識】
1、自国通貨を持つ政府は、財政的な予算制約に直面することはない
2、すべての経済は、生産と需要について実物的あるいは環境的な限界がある
3、政府の赤字は、その他の経済主体の黒字

●間違いだらけの経済学の常識
◇MMTは「政府は借金し放題」と主張×
◇マネーサプライを拡大すればマネーストックが増える×
◇政府は企業や個人の経済活動に干渉せず市場に任せよ×
◇政府は税金を徴収してから支出をする×
◇(貨幣発行量には限りがあり)国債を発行しすぎると債務不履行になる×
◇中央銀行による国債買取は「財政ファイナンス」×
◇日本銀行は株式会社ではない×
◇財政赤字や国債発行が金利を上昇させる×
◇銀行預金⇒国債発行× 国債発行⇒銀行預金○

TOPへ