書籍詳細

books detail

本体価格
1,000 円
判型
新書サイズ
ISBN
9784828421261
発行日
2019/9/14
 tweetする
LINEで送る

消えた球団 高橋ユニオンズ1954~1956
本当にプロ野球史上最弱球団だったのか
[著] 野球雲編集部

目次

昭和の時代のプロ野球を一生懸命生きたユニオンズ
第1章 ユニオンズでプレーした選手たち
第2章 特別対談 忘れられた3年を語ろう
    佐々木信也×長谷川晶一
第3章 永田ラッパとビール
第4章 OBを訪ねて 青木惇氏インタビュー
第5章 史上最弱の球団はどこだ!
    高橋ユニオンズは本当に弱い球団だったのか?
第6章 「高橋ユニオンズ」の3年間の全試合と記録の探検
第7章 「高橋ユニオンズ」を追い求めて

内容紹介

消えた球団シリーズ第3弾!

本当にプロ野球史上最弱球団だったのか

[高橋さんのポケットマネーで設立された]
「まぼろしの球団」の真実に迫る!
300勝投手のスタルヒンや
佐々木信也も活躍したが、とてつもなく弱い、
そして3年で消えた不思議な球団!

この球団は不思議な球団だった。
とてつもなく弱い、プロ野球史上“最弱”球団だったーーー。
プロ野球(職業野球)リーグ戦が始まって18年目の昭和29年。
セ・リーグは巨人から中日が覇権を奪い、
パ・リーグでは西鉄が南海からの覇権を奪い、新時代を迎えた。
そのシーズンが始まる前に、パ・リーグは8球団制にするために、
企業ではない、ある一個人がオーナーで創設した球団が誕生した。
その名は高橋ユニオンズーー当時のプロ野球の魑魅魍魎の荒波に揉まれ、
わずか3年で「大映スターズ(現:千葉ロッテマリーンズ)」に
吸収合併されて消えた「幻の球団」の真実。

‐ ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
高橋ユニオンズ(トンボユニオンズ)は、日本のプロ野球史上で極めて特異な存在だ。
まず、高橋龍太郎という個人のポケットマネーで作られていたこと。
高橋は「ビール王」と言われたが、どんな資産家でも自己資金だけで
金食い虫であるプロ野球を運営するのは至難の業だ。道楽もここに極まれり、ということになろう。
次に、このチームはパ・リーグだけの意志で作られたこと。
セ・リーグは関東地区にパの球団が増えることは、フランチャイズを侵害すると警戒し、
二軍の新リーグを創設して対抗しようとした。結果的にそれは取り越し苦労で、
高橋の本拠地、川崎球場は閑古鳥が鳴き、観客の実数が200以下という日さえあった。
そしてパ・リーグもそれほど高橋の誕生を喜んではいなかった。
8球団でないと試合が組みにくいという事情で球団が誕生したが、
多くの球団が選手の供出を惜しんだために“ロートルと酒飲みの集団”とさえ言われた。
“祝福されない子”であった高橋は誕生した瞬間から「存続の危機」に見舞われながら
3シーズンを精一杯生き抜いたのだ。

‐・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

TOPへ