書籍詳細

books detail

本体価格
1,400 円
判型
四六ソフト
ISBN
9784828421445
発行日
2019/11/18
 tweetする
LINEで送る

大学生活六十余年 学校法人鶴岡学園理事長が語る
大学 心得帖
[著] 鈴木武夫

目次

第1章●倒産寸前の極貧短大
第2章●情報活用でマイナスをプラスに変える
第3章●スマートに働くための忘備録
第4章●サバイバルの極意
第5章●志願者増のヒント
第6章●教職員人材カルテ

内容紹介

学校関係者必読!
極貧短大を4年制大学に再生させたプロが伝授する成功の秘訣
人口減少時代の私学サバイバル読本

1960年代以降、雨後の竹の子のように増えた短期大学は、いま、斜陽の時代に突入し、廃校するところも出ている。
改組転換で4年制大学になったものの、定員割れがつづき、経営難に直面しているところも少なくない。
私が日本私立短期大学協会を離れた2000年以降も、私のもとには経営の相談にのってほしいと、わざわざ北海道まで出かけてくる経営トップもおられる。(中略)
そこで、とくに地方の小規模な私立大学で働く方々に向けて、筆をとることにした。
本書では、潰れる寸前だった「北海道栄養短期大学」から4年制大学の「北海道文教大学」へとサバイバルをはかった経験と、
東京都私立短期大学協会と日本私立短期大学協会の事務局長として四十余年を過ごした経験、
大東文化大学の理事長経験(平成元年~平成9年)、現役で務める「杏林学園」理事、
学校法人「滋賀学園」理事の経験などをもとに、人口減少時代の私立大学の生き残り策を、私なりにお伝えしたい。
(本書プロローグより)

TOPへ