書籍詳細

books detail

本体価格
1,400 円
判型
四六ソフト
ISBN
9784828420875
発行日
2019/11/15
 tweetする
LINEで送る

天皇を戴くこの国のあり方を問う新国体論
精神再武装のすすめ
[著] 馬渕睦夫

目次

●第一部 政治における「國体」
1、「君民一体」の政治
2、神から生まれた「祭祀共同体」
3、「和」の民主主義
4、「平和主義」の伝統

●第二部 経済における「國体」
1、「稲作」の精神
2、「結び」の力
3、罰としての「労働」
4、「和」という経営方式
5、「グローバリズム」との共存

●第三部 文化における「國体」
1、「古事記」の世界
2、「黄泉の国」神話の教訓
3、「先祖供養」の神髄
4、「造り変える力」の本質
5、「禊祓い」の威力
6、「一神教」との共存

内容紹介

500年を超える対立が令和でついに決着!?
ユダヤ・キリスト教文明VS.日本文明令和はキリスト教伝来以来の
ユダヤ・キリスト教文明対日本文明の最終決着(グローバリズムの土着化)をつける時代となる。
そのためにはわが国が失いつつある伝統に復古し、
国民による精神再武装こそが必要であり、
2020年はその最後のチャンスである。
大激変の国際情勢を生き抜く
著者渾身の国体論『日本「国体」の真実』を
全面的に改訂した決定版!

TOPへ