電子書籍詳細

books detail

ISBN
9784828421605
発行日
2020/6/2
 tweetする
LINEで送る

世界経済の分断点を乗り越えよみがえる日本
コロナ恐慌後の「希望」を読み解く
[著] 馬渕睦夫 ビル・トッテン

目次

◆第1章 終わらない経済戦争に決着をつける日本式ビジネス復活のカギ
◇第2章 世界のマネーの動きに抗う日本企業のあるべき本質
◆第3章 分裂し続ける世界のなかで、日本が果たすべき本当の役割
◇第4章 貧富の格差を乗り越える日本人らしい生き方
◆第5章 【ビルの視点】コロナで変わる世界経済と、私たちの新しい働き方
◇第6章 【馬渕の視点】武漢肺炎騒動後の世界ーー忍び寄る戦争に備えよう

内容紹介

悪夢のグローバリズムはコロナ禍で終わりを迎えた!
“外交のプロ”と“経営のプロ”が
日本人の「正しい未来」を徹底予測!!

アフターコロナの不透明な“明日”を冷徹に見抜く!

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ディープ・ステートの中核である国際金融資本家は、
世界大恐慌の際に使った手口に倣い、
武漢肺炎不況で倒産した各国企業を安値で買収して、
焼け太りを画策しているのですーー馬渕睦夫
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
コロナが終息したあかつきには、
脱グローバル化した新しい形の日本ができていることを
私は強く信じていますーービル・トッテン
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

TOPへ