書籍詳細

books detail

本体価格
1,100 円
判型
新書サイズ
ISBN
9784828422190
発行日
2020/9/19
 tweetする
LINEで送る

新装版 激動の日本近現代史1852-1941
歴史修正主義の逆襲
[著] 宮崎正弘 渡辺惣樹

目次

◇まえがきー渡辺惣樹
◆第1章 日本を深く研究していた欧米
◆第2章 英国自由貿易帝国主義と日米の戦い
◆第3章 日本とアメリカが作った朝鮮開国
◆第4章 ルーズベルトが仕掛けた日米開戦
◆最終章 若い人たちに伝えたいこと
◇あとがきー宮崎正弘

内容紹介

【封印開封】
プロパガンダ用語をはぎとりスルーされてきた重要事件・人物に光をあて
日本人がまるで知らない歴史のダークサイドに踏み込む!

かつて日本とアメリカは友だったーー

【本書の内容】
◎米英の最新の資料をもとに近現代史を見直す
◎歴史は二国間ではなく「多国間」で見なければわからない
◎日本史が隠した外国人アドバイザーたちの暗躍を描く
◎自虐史観=日本悪という内向きな歴史観を打破
◎二つの世界大戦において日本は主体的プレイヤーではなかった

※本書は2017年8月刊行の「激動の日本近現代史 1852-1941 歴史修正主義の逆襲」(ビジネス社刊)を新装、一部調整・加筆したものになります。

TOPへ