書籍詳細

books detail

定価
1,650 円 (税込)
判型
四六ソフト
ISBN
9784828422503
発行日
2021/1/22
 tweetする
LINEで送る

「はやぶさ2」が拓く 人類が宇宙資源を活用する日
[著] 川口淳一郎

目次

第1章 小惑星リュウグウの歴史を紐解く
第2章 地球の水は小惑星からきた!?
第3章 「はやぶさ」2代の技術イノベーション秘話
第4章 宇宙資源を活用する時代の幕開け
第5章 米中の宇宙開発競争、そして世界の情勢
第6章 人類が宇宙で暮らす日
第7章 軽いプレッシャーと自信が日本を変える

内容紹介

宇宙大国アメリカを猛追する中国。
日本の宇宙開発が進むべき道はどこか?

あなたの知らない最新の宇宙を
「はやぶさ2」から解き明かす!

宇宙はもはやロマンだけではない。
本格的開発の段階へ。

宇宙をめぐる最新の情報が盛りだくさん!
◇小惑星はレアメタルの宝庫。宇宙資源を活用する時代が来る!
◆地球に水をもたらしたのは、小惑星だった!?
◇木星や土星は、かつて大規模に移動していた!?
◆「はやぶさ」「はやぶさ2」の技術イノベーション秘話
◇米中の宇宙開発競争が本格化。中国は総力で日本を追い越す!

「はやぶさ」のサンプルリターン成功のあと、欧米では、宇宙の資源を扱う「宇宙不動産屋」が次々と登場しました。
「はやぶさ」によって、「宇宙の物資は持ち帰れる」ことが証明されたからです。
実際、小惑星はレアメタルなどの鉱物資源の宝庫でもあるのです。
「はやぶさ2」ではリュウグウに人工クレーターを作り、つまり掘削して、そのサンプルを採取することに成功しました。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
宇宙資源を利用する技術的環境は、すでに整いつつあります。
本書では宇宙探査を、科学、技術、政策、国際関係など多方面からお話します。

TOPへ