書籍詳細

books detail

定価
1,540 円 (税込)
判型
四六ソフト
ISBN
9784828422589
発行日
2021/03/02
 tweetする
LINEで送る

南北戦争か共産主義革命か!?
迫りくるアメリカ 悪夢の選択
[著] 宮崎正弘 渡邉哲也

目次

「政治力」に翻弄される世界経済の危機
はじめに●アフター・コロナ、世界リセットの衝撃ーー宮崎正弘
第1章●米国版文化大革命で分断か戦争か
第2章●アリババ帝国崩壊で自滅する中国経済
第3章●日本経済5大リスクと勝機
第4章●コロナで見えた日本の大問題
おわりに●歴史は振り子のように揺れーー渡邉哲也

内容紹介

中国と極左勢力が暗躍する世界リセット
日本経済のリスクと勝機を緊急提言!

【狙いはバイデン大統領の失脚か!?】
バイデン新政権は、いかに逆立ちしようが、米国を衰弱させ、
近くカマラ・ハリス副大統領が昇格という「悪魔のシナリオ」がある。
極左グループは究極的にそれが狙いであり、
バイデンは前座を務めるピエロに過ぎないというのが彼らの考え方である。
その準備段階が保守の言論妨害と封殺である。
トランプ前大統領の口は封じられた。
アメリカの言論空間も左翼の検閲、自由な言論が封殺されたことは唖然とするばかりだが、
まさか、中国、ロシア、そして香港の悪政が「自由の国」のはずだったアメリカを襲うとは!(はじめにより)

TOPへ