書籍詳細

books detail

定価
1,650 円 (税込)
判型
四六ソフト
ISBN
9784828422930
発行日
2021/6/22
 tweetする
LINEで送る

米中「利権超大国」の崩壊
アメリカに中国を切って生き延びる道はあるのか
[著] 増田悦佐

目次

【どんな国が米中亡きあとの世界経済をリードするだろうか】
第1章●中国が次の覇権国? ご冗談でしょう
第2章●ワイロがすべてーーー東の利権超大国中国
第3章●権力買えますーーー西の利権超大国アメリカ
第4章●現代中国著名人列伝
第5章●表面的には静かな陰の主役、
    民工と声高に不満を訴える都市戸籍保有者
第6章●アメリカに中国を切って生き延びる道はあるか

内容紹介

アメリカに中国を切って生き延びる道はあるのか

ついに来た!中国自壊
バイデンと習近平の利権がらみの連携が自死を招く?
「ワイロ」と「カネで買える権力」が国を滅ぼす!

《中国が次の覇権国? ご冗談でしょう》
利権集団の弱い日本には、とんでもない大富豪はめったにいない。
国民の大部分がそこそこにカネを持っていて、多少なりとも自分の趣味に合った生き方ができる。
消費の多様性が経済発展を牽引する状態を作り出しやすい。
利権集団の力が強い国では、なかなかそうはいかない。
米中利権超大国が共倒れしたあと、日本は世界にどんな貢献ができるのだろうか。
(本文より)

TOPへ